top of page

音楽は、車でサブスクリプションサービスで聴くか、家でレコードをかけることが多いこの頃、いつの間にかCDは全く聴かなくなってしまいました。

 今日は、先頃亡くなった名ドラマー村上“ポンタ”秀一さんの名演を収録した山下達郎さんの2ndソロアルバム『SPACY』(1977年)をレコード棚から引っ張り出して聴いてます。今から44年前のブレイク前のややマニアックとも言えるアルバムですが、今聴いても古臭さを全く感じさせない普遍的なポップ感覚、ソウル・R&B・ファンクなどをルーツとした洗練されたアレンジ、そして演奏や録音のクオリティの高さにも改めて驚かされます。

 一枚のレコードを大切にして、音楽をアルバム単位で聴いていたアナログレコードの時代からみれば、AIがリスナーの好みを分析し、いろんな曲をランダムに提案してくれる今のリスニング環境は隔世の感がありますが、手軽にいつでもどこでも音楽を楽しむにはデータ音源が圧倒的に便利なのかもしれません。でも、時にはゆったりとコーヒーでも飲みながら、一枚のレコードをターンテーブルで回して、アナログ盤のまろやかな音質を味わうひとときも悪くないと再認識した日曜日の午後でした。【Y.S】


最新記事

すべて表示

都内のユニーク博物館

先日、春の陽気に誘われて目黒あたりを散歩しました。目的地のひとつが目黒寄生虫館。以前から行ってみたかったのですが、ようやく叶いました。小規模な博物館ながら、膨大な研究記録や緻密なスケッチの数々など、見所が多かったです。 ユニーク博物館つながりでもう一つ。明治大学駿河台キャンパス内にある明治大学博物館。こちらの刑事部門の常設展では、国内外の刑罰の歴史や処刑道具などが展示されています。なかなか気楽な気

今週の一言

我が家では下の子の入園式がありました。 今年は桜が少し遅かったおかげで、満開の桜と晴天に恵まれた最高の入園式になりました。 ところで入学ってなんで4月なのか‥調べてみると農業と関係があることが分かりました。 学校等の入学は基本的に国の会計年度に合わせ、政府からの資金調達と学校運営の効率化を図っているのだそうです。 ではなぜ国の会計年度が「4月1日から翌年3月31日」なのか。 それは会計年度が見直さ

Bình luận


Bình luận đã bị tắt.
bottom of page