top of page

撮影が好きな人なら知っていると思いますが、マジックアワーという時間帯があります。

日の出や日の入前後のごく短い時間帯のことで、夜から昼へ、昼から夜へ、空は刻々と変化し、一般に景色が一番美しく見える時間帯と言われてます。

具体的には、昼間は青空のもと、太陽光という直接光に支配された「ハイライト」と「影」による強い立体感との世界とすれば、マジックアワーは、まだ残る青空と焼けたオレンジが同居した空の下、太陽の直接光がなくなるため「ハイライト」や「影」も消え、間接的な天空光による「陰」のグラデーションの世界になります。

首都圏のソメイヨシノはもう散ってしまいましたが、満開時期を少し過ぎた頃、夕方のマジックアワーに近所のさくら通りで、この魔法の力を借りて撮ってみました。つかの間の柔らかな魔法の光に包まれて、街並みは静謐だけど芳醇という感じでしょうか。【Y.S】



最新記事

すべて表示

都内のユニーク博物館

先日、春の陽気に誘われて目黒あたりを散歩しました。目的地のひとつが目黒寄生虫館。以前から行ってみたかったのですが、ようやく叶いました。小規模な博物館ながら、膨大な研究記録や緻密なスケッチの数々など、見所が多かったです。 ユニーク博物館つながりでもう一つ。明治大学駿河台キャンパス内にある明治大学博物館。こちらの刑事部門の常設展では、国内外の刑罰の歴史や処刑道具などが展示されています。なかなか気楽な気

今週の一言

我が家では下の子の入園式がありました。 今年は桜が少し遅かったおかげで、満開の桜と晴天に恵まれた最高の入園式になりました。 ところで入学ってなんで4月なのか‥調べてみると農業と関係があることが分かりました。 学校等の入学は基本的に国の会計年度に合わせ、政府からの資金調達と学校運営の効率化を図っているのだそうです。 ではなぜ国の会計年度が「4月1日から翌年3月31日」なのか。 それは会計年度が見直さ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page