top of page

町を歩いていると、ふと気になる建物等に遭遇します。今回は両国橋から南に位置する「江島杉山神社の岩屋」を紹介します。

この神社は、鍼術師である杉山氏が五代将軍綱吉から、

本所一ツ目の土地を拝領し、総録屋敷を建て、その後に弁財天の一社を建立したのが始まりです。

杉山氏と弁財天のつながりは、江ノ島の岩屋にこもり鍼術の一つである管鍼術を授かったからとのことです。

神社には、江ノ島の洞窟を模した岩屋があります。

その中に入るには、ちょっと、勇気?がいりますが、弁財天の使いとされる白蛇がたくさん祀られています。

見どころのある神社なので、近くに寄った際には、お参りに行かれてはどうでしょうか。【K.M】




最新記事

すべて表示

都内のユニーク博物館

先日、春の陽気に誘われて目黒あたりを散歩しました。目的地のひとつが目黒寄生虫館。以前から行ってみたかったのですが、ようやく叶いました。小規模な博物館ながら、膨大な研究記録や緻密なスケッチの数々など、見所が多かったです。 ユニーク博物館つながりでもう一つ。明治大学駿河台キャンパス内にある明治大学博物館。こちらの刑事部門の常設展では、国内外の刑罰の歴史や処刑道具などが展示されています。なかなか気楽な気

今週の一言

我が家では下の子の入園式がありました。 今年は桜が少し遅かったおかげで、満開の桜と晴天に恵まれた最高の入園式になりました。 ところで入学ってなんで4月なのか‥調べてみると農業と関係があることが分かりました。 学校等の入学は基本的に国の会計年度に合わせ、政府からの資金調達と学校運営の効率化を図っているのだそうです。 ではなぜ国の会計年度が「4月1日から翌年3月31日」なのか。 それは会計年度が見直さ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page