top of page

国内の「漆」の生産についてご存知でしょうか。

漆の原料となる樹液をどうやって採取するかというと、国内でとられているのは主に「殺し掻き」という手法で、10年かけて育てたウルシの幹に傷をつけ、わずか180~200gの漆液を採取したのち伐採、ひこばえと呼ばれる新芽から再度10年かけて木を育てる、を繰り返すというものです。

こんないかれた手間のかかる漆の国内生産はやはり工業化や海外輸入量増の流れに抗えず生産量を減らし、2006年にはわずか1.3tまで落ち込みました。現在でも国内自給率は10%に足りません。その状況をうけ文化庁は2018年に「国宝・重要文化財建造物の保存修理に原則として国産漆を使用する」方針を示しました(26庁財第510号)。農水省などでも国産漆の増産に向けた様々な施策がとられています。


日本のウルシはいずれかの時期に中国から伝ったものと言われていますが、国内の文化財の修復においては国産漆を用いて当時の技法で修復することが技術的にも重要であると考えられますし、何より伝統産業を礎とした文化を守ることにつながります。(輪島のお椀欲しい)

国内漆の生産の8割以上を担うという岩手県二戸市浄法寺町、1万2600年前のウルシの木片が出たという福井県若狭町の鳥浜貝塚、どちらも行ってみたいです。

【M.O】

参考)

最新記事

すべて表示

最近観た映画など

・「ピンクフロイド-The Darek Sode Of The Moon」【爆音上映】 コニカミノルタ プラネタリアTOKYO(有楽町マリオン) プラネタリウムでピンクフロイド-The Darek Sode Of The Moonを爆音で聴くというもの。高校時代によく聞いたアルバムを自宅ではできない床も振動する大音量で、楽曲に合わせた抽象的な映像を観て満喫。プラネタリウムだけれど星はなし。クッショ

腕時計

もうかれこれ20年以上は経っていると思いますが、携帯電話やスマホを持ち始めてからは、腕時計をしなくなりました。 デジタルなガジェットには割と興味のある方なのですが、すでに腕時計から解放された自由な手首は、スマートウォッチが出始めて、スマホと連携できると聞いても、その必要性を拒否し続けて来ました。 ところがここに来て、ちょっとした転期が訪れてます。 スマートウォッチには、実は時計機能やスマホ連携機能

今週の一言

半世紀前からのモヤモヤが部分的に晴れた件について前回述べた。 今回は続きの母音編と思っていたが、40年程前からのモヤモヤと、 30年程前からのモヤモヤについての話題もあり、 またベートーベンより後の作曲家が感じていたという不満を聞いたことに共感したこと、 いつから世の中は戦争が競技だと考えようとするようになったのか?や、 耳の虫のスペックが低いことへの不満とか、 韓国系の舞踊を見ていて唐突に北朝鮮

ความคิดเห็น


bottom of page