top of page

在宅勤務に移行してから6カ月ほど経過する。

これまで大過なく業務を遂行してきた(と思いたい)が、今後も続くであろう在宅勤務による便益と弊害を長期的な視点も含めて整理し、在宅勤務の利点拡大と将来の不安解消に向けて努めていきたい。そのような努力を積み重ねていく先に、性別や年齢、家族形態によらずに働ける環境が社会の中に形成されていくと思う。【N.Y】

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page