top of page

 うちの家電や住宅設備も15年以上使用のものが増えて来てしまい、壊れる前に買い換えようかどうしようか思案してます。

半導体不足などの昨今の供給事情を考慮すると壊れてから検討を始めるのは危険なので、少しずつ情報収集に励んでいるところです。

かつて白物家電は、機能やデザインなどで差別化ができなくなり、価格競争になってしまったと聞いたことがありましたが、実際に買い替えに備えて製品を研究していくうちに、

各メーカー、各製品ごとにそれなりに差別化できる付加機能があることがわかってきました。

例えばエアコンのフィルター自動掃除機能などがそうですが、これらの付加機能が本当に必要なものかどうかも見極めることが必要で、

単なる脱コモディティのための価格吊り上げのものじゃないかという機能もありそうです。

 とりあえずは、壊れると待ったなしとなる冷蔵庫や給湯器あたりからこのミッションを段階的に実行して行かなければなりませんが、問題は予算をどこからひねり出すか...これが最大の難関かもしれません。

また、家電リサイクル法というものがあり、エアコン・洗濯機・冷蔵庫・テレビの4品目については、メーカーや製品種別によって事細かにリサイクル料金が決められており、

その費用も予算に計上しておかないと痛い目にあいそうです。【Y.S】

最新記事

すべて表示

都内のユニーク博物館

先日、春の陽気に誘われて目黒あたりを散歩しました。目的地のひとつが目黒寄生虫館。以前から行ってみたかったのですが、ようやく叶いました。小規模な博物館ながら、膨大な研究記録や緻密なスケッチの数々など、見所が多かったです。 ユニーク博物館つながりでもう一つ。明治大学駿河台キャンパス内にある明治大学博物館。こちらの刑事部門の常設展では、国内外の刑罰の歴史や処刑道具などが展示されています。なかなか気楽な気

今週の一言

我が家では下の子の入園式がありました。 今年は桜が少し遅かったおかげで、満開の桜と晴天に恵まれた最高の入園式になりました。 ところで入学ってなんで4月なのか‥調べてみると農業と関係があることが分かりました。 学校等の入学は基本的に国の会計年度に合わせ、政府からの資金調達と学校運営の効率化を図っているのだそうです。 ではなぜ国の会計年度が「4月1日から翌年3月31日」なのか。 それは会計年度が見直さ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page