top of page

先日娘が1歳になりました。

昨年、幹事でありながらお休みを頂いた忘年旅行からもう1年経ちました。

妻と私も親として初の1年間を過ごし、日々の娘の成長に喜び、月日の早さに驚いております。

年をとるほど時間が経つのが早く感じられますが、時間感覚に関するネタを2つほど。


①「ジャネー法則」

19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネが考案し、生きてきた年数によって1年間の占める比率が小さくなり、時間が早く感じるというものです。

38歳の1年間=1歳児の10日間に相当します。人生80年とすると20歳の頃には人生折り返しているそうです。


②「ゾウの時間ネズミの時間」生物学者、本川達雄著

一生の鼓動数や、体重あたりの総エネルギー量は、動物のサイズによらずほぼ等しいとの研究から時間感覚は体重の1/4乗に比例するというものです。

体重70kgの1年間=体重5㎏の6ヵ月に相当します。

(こちらは人間の年齢を対象とした研究ではありませんが、調べたところ新生児の心拍数は大人の2倍程度とのことでしたので概算)


「ジャネーの法則」に関しては新しい刺激や環境の変化等があれば時間感覚の減速があるかなと考えておりました。

今年は社会情勢、公私共にそこそこ色々あったはずですが全く減速しておりません。【M.S】

最新記事

すべて表示

都内のユニーク博物館

先日、春の陽気に誘われて目黒あたりを散歩しました。目的地のひとつが目黒寄生虫館。以前から行ってみたかったのですが、ようやく叶いました。小規模な博物館ながら、膨大な研究記録や緻密なスケッチの数々など、見所が多かったです。 ユニーク博物館つながりでもう一つ。明治大学駿河台キャンパス内にある明治大学博物館。こちらの刑事部門の常設展では、国内外の刑罰の歴史や処刑道具などが展示されています。なかなか気楽な気

今週の一言

我が家では下の子の入園式がありました。 今年は桜が少し遅かったおかげで、満開の桜と晴天に恵まれた最高の入園式になりました。 ところで入学ってなんで4月なのか‥調べてみると農業と関係があることが分かりました。 学校等の入学は基本的に国の会計年度に合わせ、政府からの資金調達と学校運営の効率化を図っているのだそうです。 ではなぜ国の会計年度が「4月1日から翌年3月31日」なのか。 それは会計年度が見直さ

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page