top of page

 マスク社会も3年目となり、マスクをしている顔しか見たことが無い顔見知りが存在する時代となっております。

私の場合は娘が通う保育園の先生や同じ時間帯に送迎しているお父さん、お母さんがそれに該当します。

先日、保育園の送迎時によく会うお父さんと公園でたまたま会った際に、最初はマスクをあごまで下げた状態で会釈してくれたのですが、一瞬「誰だっけ?」となり、マスクをしながら近づいて「あぁ!どうも!」となりました。

マスクで見えていない範囲を過去の経験(体格、目元、髪型等のサンプル)から想像してしまい、普段よりも広範囲が見えているはずなのに逆にわからないといった事象が生じるようです。

一方で最近の子供はマスクをしていても人物の見分けがつくように進化しているという話を聞きました。

先入観がないから普段見えていた範囲で判断がつくのでしょうか?

そもそも本当にそうなのか、娘がもう少し大きくなったら訊いてみようかなと思います。


 よく考えたら今まで会ってきたかなりの数の人物の区別がついており、経年変化にもある程度対応できていることが不思議なことです。

ヒトがのように人物の顔を区別しているのかなと思い軽く調べてみたところ、研究中の分野でもあるらしく簡単ではなさそうであきらめましたが、「サッチャー錯視」という現象がなかなか面白かったので参考画像を添付します。(画像を逆さまにするとギョッとします。。)【M.S】



最新記事

すべて表示

都内のユニーク博物館

先日、春の陽気に誘われて目黒あたりを散歩しました。目的地のひとつが目黒寄生虫館。以前から行ってみたかったのですが、ようやく叶いました。小規模な博物館ながら、膨大な研究記録や緻密なスケッチの数々など、見所が多かったです。 ユニーク博物館つながりでもう一つ。明治大学駿河台キャンパス内にある明治大学博物館。こちらの刑事部門の常設展では、国内外の刑罰の歴史や処刑道具などが展示されています。なかなか気楽な気

今週の一言

我が家では下の子の入園式がありました。 今年は桜が少し遅かったおかげで、満開の桜と晴天に恵まれた最高の入園式になりました。 ところで入学ってなんで4月なのか‥調べてみると農業と関係があることが分かりました。 学校等の入学は基本的に国の会計年度に合わせ、政府からの資金調達と学校運営の効率化を図っているのだそうです。 ではなぜ国の会計年度が「4月1日から翌年3月31日」なのか。 それは会計年度が見直さ

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page