top of page

ChatGPT、NotionAI、Bing、Bard、Microsoft365 Copilot等など、最近AIツールの話題をよく耳にします。

AIは、特にデータの処理や分析、重要な意思決定において高い効率性と精度を持っています。

一方で、人間の強みは、クリエイティブな問題解決や創造性、そして感情や人間関係の理解など、AIがまだ苦手とする分野にあります。

つまり、AIと人間の仕事はお互いに補完的であると言えます。

AIが得意とする作業は自動化され、人間はより高次元の仕事に専念することができます。

Microsoft365 Copilotの"Copilot"は"仕事の副操縦士"という意味で、あくまで操縦士は我々人間で、AIはサポート役ということになります。

よくAIに仕事を奪われることを言われますが、まだまだ人間でしかできない仕事はたくさんあると思います。

例えば、AIがルーティンワークを処理する一方で、人間は創造的な仕事や、AIが対応できない問題に対する解決策を考えることができます。

身近なところでいうと、議事録の作成あたりはAIに任せたいなと思います。

人間でしかできない「創造的」な仕事ができるように、日々精進していきたいです。

4月以降、社内でもAIに関する議論の場を設けたいと思いますので、興味がある方は是非ご参加下さい。

(上記文章もChatGPTさんに素案を考えてもらい、私が書き加えました。)【H.W】

最新記事

すべて表示

都内のユニーク博物館

先日、春の陽気に誘われて目黒あたりを散歩しました。目的地のひとつが目黒寄生虫館。以前から行ってみたかったのですが、ようやく叶いました。小規模な博物館ながら、膨大な研究記録や緻密なスケッチの数々など、見所が多かったです。 ユニーク博物館つながりでもう一つ。明治大学駿河台キャンパス内にある明治大学博物館。こちらの刑事部門の常設展では、国内外の刑罰の歴史や処刑道具などが展示されています。なかなか気楽な気

今週の一言

我が家では下の子の入園式がありました。 今年は桜が少し遅かったおかげで、満開の桜と晴天に恵まれた最高の入園式になりました。 ところで入学ってなんで4月なのか‥調べてみると農業と関係があることが分かりました。 学校等の入学は基本的に国の会計年度に合わせ、政府からの資金調達と学校運営の効率化を図っているのだそうです。 ではなぜ国の会計年度が「4月1日から翌年3月31日」なのか。 それは会計年度が見直さ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page