top of page

WEB会議はここ一年で広く身近なツールとして浸透しました。私も利用する機会は多く、個人的には会議の一手法としてとても有効であると感じています。

そんなWEB会議ですが、WEB会議マナーなるものが作成されているようです。WEB会議マナー10選として紹介されていたものはを自分に当てはめてみました。

1. カメラの角度や距離は事前にチェック

  →すでに定位置のため、問題なし。油断して角度が下がると子供のおもちゃが見えてし   

   まうのは要注意。

2. 髭、寝癖など最低限の身だしなみは整えよう

  →寝癖発生率が高い&頭の後ろに照明が来るため、より寝癖が目立つ(寝癖が無くても

   寝癖のように見えてしまう。)要改善。

3. ラフすぎず好印象を与える服装を意識しよう

  →ほぼ普段着。少なくとも社外の打合せ時には気を付けるべき。要修正。

4. 背筋を伸ばして、見た目も気持ちも仕事モードに

  →気を付けます。

5. 背景の映り込みはできるだけなくす

  →後述。要検討。

6. カメラをしっかり見る

  →カメラ見ていたら共有している資料見えません。カメラは意識しなくていいよう  

   な・・・

7. 照明も表情も明るく

  →これも(過度に)意識する必要ないのでは・・

8. 静かな環境で行う

  →携帯をマナーにする、同部屋でほかのWEB会議があるときに移動する・・くらいでし

   ょうか。

9. できるだけゆっくり、はっきり話す

  →その通りですね、気を付けます。

10. 相づちは声を出さず、うなずきで伝える

  →ケースバイケースな気がします。

その他、「WEB会議の表示順序は役職が高い順」「目上の人が退出するまで残る、ホストは最後まで残る」などネタにもなりそうなものもありましたが、基本的には対面式での打合せマナー(気遣い)と同じですね。


今回の話の中で、唯一、背景については考えさせられました。現在は部屋が広く映っている&ちょうど頭の後ろに来るので見にくいことがありそう、などが課題でしょうか。

背景をぼやかす、壁を背にする・・・といった対応は可能なのですが、そっちのほうが明らかに優れていると判断できず・・・さらに、社内の人の背景も様々で、それも個性が出てよいと思っているため、どうしたものやら。

慣例が出来上がっているマナーと比較し、成熟中のマナーは難しいです。(そのマナーが本当に正しいのか、相手にとって気遣いになっているのかどうか、はまた別の話。)【Y.Y】

最新記事

すべて表示

ハンドドリップ

趣味としてハンドドリップでコーヒーを淹れ始めました。 電動ミルとスケールはHARIOのV60、ケトルはVitantonioのACTYⅡ、ドリッパーは円錐型を選びました。 2月末から始めて、ようやく湯量を目的の量から誤差10cc程度に抑えられるくらいには淹れるのに慣れてきたため、ポケットコーヒー濃度計を買おうかと思い始めているところです。 また、個人の好き嫌いとは別に自分が抽出した味が本来の豆の味な

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page