top of page

田舎に土地と明治期の建物がある。もう数十年誰も住んでいない。空き家解体の助成金制度があったので活用した。とはいえ、田舎は広い。更地にするのに上限の4倍かかった。本来、建物を解体したら、建物滅失登記の申請をしなければならない。ところが家屋番号がない。建物が登記されていなかった。結果、家屋滅失の届出だけで済んだ。  次に土地。こちらも明治期の方の名義のまま。数次相続の相続登記がいる。建築と不動産は当たらずとも遠からず。勉強がてら、自分でしてみる。先祖代々の?謄本。今まで知らなかった歴史が。妻を若くして亡くしたり、出生した二日後に死亡したり。母子ともに健康とは本当に重い言葉に思えた。 遺産分割協議書は枝分かれした相続者全員の実印が必要となる。情報はメールで共有できても、書類はコロナ禍、郵便リレーになる。手元に戻ってくるのはいつになるだろうか。

【W.I】

写真右:土葺きの瓦屋根。耐震的には非常に重い建物。

写真左:母屋(おもや)の母屋(もや)、とても立派な木材。古材利用されるのだろうか。

最新記事

すべて表示

都内のユニーク博物館

先日、春の陽気に誘われて目黒あたりを散歩しました。目的地のひとつが目黒寄生虫館。以前から行ってみたかったのですが、ようやく叶いました。小規模な博物館ながら、膨大な研究記録や緻密なスケッチの数々など、見所が多かったです。 ユニーク博物館つながりでもう一つ。明治大学駿河台キャンパス内にある明治大学博物館。こちらの刑事部門の常設展では、国内外の刑罰の歴史や処刑道具などが展示されています。なかなか気楽な気

今週の一言

我が家では下の子の入園式がありました。 今年は桜が少し遅かったおかげで、満開の桜と晴天に恵まれた最高の入園式になりました。 ところで入学ってなんで4月なのか‥調べてみると農業と関係があることが分かりました。 学校等の入学は基本的に国の会計年度に合わせ、政府からの資金調達と学校運営の効率化を図っているのだそうです。 ではなぜ国の会計年度が「4月1日から翌年3月31日」なのか。 それは会計年度が見直さ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page